クリエイティブ系の費用相場を知るには?

クリエイティブ系の仕事に関する情報サイト

どんな仕事があるの?

このコラムをシェアする

ウェブライター

クライアントさんから依頼されてWEB記事を書いているライターだと依頼されたテーマや内容に沿って指定された文字数内で記事を期限までに執筆し納品するという流れです。
具体的な仕事方法は、依頼されたテーマについてネットなどで情報を調べて、自分の言葉で文章を作成します。
記事を作成する時間よりも依頼されたテーマについて調べる時間が大半を占めています。
1日のスケジュールは、依頼された文字数や内容により変わってしまいますが、クライアントさんとのメールのやり取りを含めて3000字程度だと午前1記事作成し午後1記事作成するという感じになります。
納期は、文字数が少ないもので3日程度で文字数が多いものになると1週間という場合が多いです。

デザイナー

WEBデザイナーとは、簡単に言うとサイトのレイアウトを考える仕事です。
サイトのデザインにより、コンテンツを見てもらえるかどうかが決まる場合が多いため難しい仕事ではありますが、WEBサイトを作成したい企業やフリーランスの方が増えてきたためWEBデザイナーの需要が高まっています。
現在は、WEBデザイナーとして、サイトのレイアウトのみを考えるだけではなく、プログラミングやWeb記事作成などの業務がサイトのレイアウトを考える業務と一緒に依頼される場合があるためWEBデザイナーと聞くと辛い仕事と思ってしまう方も多いようです。
WEBデザイナーの1日のスケジュールは、クライアントの希望に沿ってレイアウトを決めプログラミングの専門用語を使用しコーティングし最終チェックをして納品してクライアントが納得したら業務完了です。