クリエイティブ系の費用相場を知るには?

クリエイティブ系の仕事に関する情報サイト

クリエイティブ系の仕事によって違う年収

このコラムをシェアする

雇われている人の年収はいくら?

クリエイティブ系の仕事の平均年収を一部ですが紹介します。
「WEBデザイナー」は、20代で平均年収288万円で30代で324万円で40代で384万円で、「WEBプログラマー」は、20代で288万円で30代で420万円で40代で540万円で「WEBプロデューサー」は、20代で336万円で30代で396万円で40代で540万円で「システムエンジニア」は、20代で360万円で30代で540万円で40代で588万円が平均的な年収となっています。
どのクリエイティブ系の職種も平均的に20代だと年収300万円前後で30代40代だと年収500万円前後が多いようです。
あくまでも平均年収であり、雇われる会社により、金額が変わりますので、一概には言えないですが一つの目安にはなるかもしれません。

フリーランスの年収は?

クリエイティブ系の仕事をしているフリーランスの方の平均年収は、ライターだと10万円から500万円と幅広くデザイン系の仕事だと平均年収200万円から500万円くらいでプログラマーやエンジニアは、300万円から1000万円くらいです。
クライアントからの依頼で仕事をし収入を得る人もいれば、自らサイトなどを立ち上げ広告収入を得て生計を立ててる人もいます。
フリーランスの場合、基本、全て一人で仕事行わなければなりませんが、報酬交渉やスケジュール調整など融通がきく場合があり、受ける仕事と受けない仕事を選ぶ事もできます。
クライアントから契約終了のリスクや報酬が振り込まれないリスクがありますが報酬がそのまま自分の手元に入ってくるため報酬面では、雇われるよりも多い場合があります。